キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

トレンドワード「借力 力拔山」を調べた結果!

ノンカテゴリ

トレンドワード「借力 力拔山」を調べた結果!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

力抜山は世の中の常識を覆す!

力拔山を初めて見た日本人は今は年輩になっているが、1970年の大阪で開かれた万国博覧会に合わせて始まった「万国ビックリショー」というテレビ番組で驚異的な肉体の秘めた内臓の力を見せつけていた!

プロのボクサーが力一杯上半身にパンチを打ち込んでも、力拔山は平気なのである。あれには本当に驚いてしまった?!

誰もがあのような強靭な肉体能力を持ちたいと思うほどのスーパーマンである。

2007年に亡くなられてしまったので、今は直接指導を受けられないが、日本でもファンは多い。

中脳ってなんだろう?

力抜山が修行をして、中脳を開発したというが、

中脳って、何か、どんな機能をもつのか?
見てみよう。

中脳
ちゅうのう
mesencephalon
大脳の一部。管状で,間脳,橋および延髄とともに脳幹を形成する。中腔は狭く中脳水道という。上は視床および視床下部に,下は網様体に連絡する神経細胞群がある。背面天井に視蓋と呼ぶ1対の隆起 (上丘) が,背面尾部にも1対の隆起 (下丘) がある。上丘は視覚に,下丘は聴覚に関係がある。腹面には大脳脚がある。中脳は視聴覚のほか,運動に関連した役割をになっている。また中脳から延髄にかけての網様体は,意識を支える部位として重要な機能をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ちゅうのう【中脳 midbrain】
中脳は脳幹の一部で,上は間脳に,下は橋に続く。脊椎動物一般にみられ,下等な動物では種々の中枢としての機能をもつが,動物が高等になるにつれて,それらの機能が間脳や大脳に移るために,脳全体に対する中脳の大きさは,高等になるほど小さくなる傾向がある。中脳は,ヒトでは著しく発達した大脳半球におおわれているので,自然のままでは,背面からも側面からもまったく認めることができず,腹面で大脳脚の一部をみうるにすぎない(以下,ヒトの中脳について述べる)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト


中脳
ちゅうのう
中枢神経系(脳脊髄(のうせきずい))の脳幹の一部で、上方は間脳、下方は後脳(橋(きょう)と小脳)につながる。脳幹のうちでは、あまり発育していない部分であるが、重要な部位である。脳幹の中心部よりやや背側(はいそく)には、中脳水道(シルビウス水道ともよぶ細い中腔(ちゅうくう)の管)が貫通している。この上方は第三脳室、下方は第四脳室に通じている。中脳水道より背側を中脳蓋(がい)とよび、前後左右4個の隆起が、ちょうど椀(わん)を伏せた状態で突出している。このうち、前方の2個を上丘(じょうきゅう)、後方の2個を下丘とよび、全体を四丘体(しきゅうたい)ともいう。上丘には視神経の一部がきており、視覚の複雑な反射機能に関与していると考えられる。下丘には聴覚の神経路がきており、聴覚反射に関係するほか、音源の位置を判断するときに重要な役割をしていると考えられる。下等脊椎(せきつい)動物では、上丘が視覚の中枢にあたり、視蓋とよばれる。中脳水道より腹側は広義の大脳脚で、そのうち、背側部分を中脳被蓋、中脳被蓋から両側腹側に突出した部分を狭義の大脳脚とよぶ。中脳被蓋には滑車神経や動眼神経の起始核があり、不随意運動に関係する赤核(せきかく)、意識の機序(メカニズム)に関係する網様体、また、脊髄から大脳半球に上行する神経路などがある。中脳被蓋と狭義の大脳脚との境の部分には、不随意運動に関係する黒質(こくしつ)がある。黒質の傷害はパーキンソン症候群に関係があると考えられている。なお、大脳脚(狭義)には、大脳皮質から下行する運動に関係する神経路(錐体路(すいたいろ)、錐体外路)がある。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 

借力概要

朝鮮半島の道士に古くから伝わってきた鍛錬法である。

「借力」とは、朝鮮半島の仙道(国仙道)独自の特殊な概念で、神の力や薬の力を「借りて」、超自然的な力を行使したり、身体を強壮にするというものである。中国の仙道にはこのような概念は無い。

また、仙道研究家の高藤聡一郎は、韓国伝統式の硬気功のこととしている。

借力を現代風に整理した力抜山によると、借力の「借」には「借りる」の他に「助ける」という意味があるという。自然の力を借りたり、呼吸法を使って体を鍛えて超人となる事を主眼としており、道師の護身の為に武術が生まれたとしている。

道教の仙人のように、修行によって超能力を得る事が可能としており、過去には予知や「縮地法」(一瞬で長距離を移動する。瞬間移動の一種。)等を身に着けた者がいたという。奇門遁甲と共通の術もあるという。

極真空手の大山倍達も学んだことで有名であり、漫画「ゴッドハンド」等にも出てくる。ブランコ・シカティックやピーター・アーツを輩出したオランダのキックボクシングジム「ドージョー・チャクリキ」の名前は大山倍達の借力修行から来ている。

出典 http://ja.wikipedia.org

力抜山には、自ら感得したものを、自分で記述した公式なデータがある。
「精素学」と言うそうです。

力抜山流借力は、呼吸法をはじめ、すべての訓練が、何と・・・
神経を刺激し中脳を働かせて鍛えるようになっているとのこと。

山籠りなどをした修行者は、素質があっても、右脳反応で数々の謎を解明したが、分かっただけで現実に何もできなかったらしい。修行を積み続けて右脳を鍛えて、中脳に働きかけるコツを自分で体得した人のみが、奇跡を起こしたようです。ほとんどが、独自の呼吸法を編み出したらしい。

借力歴史

山に篭って修行していた朝鮮半島の道士達が研鑽を重ねて1000年程前に生み出したものといわれている。高麗の姜邯賛や李氏朝鮮の西山大師は道術に長けており、借力も使えたといわれている。その後、朝鮮出兵等で山に篭って修行する道師が減ったため段々下火になっており、継承者は少なくなっている。

李朝時代末期に生まれ、朝鮮半島の九月山で仙道や借力を修行した権泰勲は戦後、韓国で丹学仙院を開き、呼吸法を中心に指導した。

植民地時代の朝鮮半島に生まれた力抜山が日本では有名である。力抜山は日本に留学後、韓国の俗離山に修行の旅に出て借力を修行し悟りを開いた後、1959年に韓国の大田に道場を設け、1967年、ソウルで道場を開設。フジテレビのテレビ番組「万国びっくりショー」に出演した事で日本でも話題になり、その後日本の茨城県鹿嶋市に道場「脳道館」を構えて現在に至っている。

力はイラン海軍や韓国軍に教授した事もある他、自衛隊体育学校で東洋的な鍛錬法が研究された際に力抜山を招いた事がある。

出典 http://ja.wikipedia.org

韓国4000年の歴史の中で消え去ってしまった借力の秘宝。

学ぶ人を皆幸せにする現代の奇跡!

宇宙を構成したり、全ての物をつくった元はパワー、パワー=スピート。

宇宙をつくった、すべての粒子をつくったのはパワー。

光の何千倍、何万倍のスピートによって宇宙は構成された。

森羅万象はこのスピートの法則でできている。

そのパワーが脳に籠り生体細胞を構成している。

この生体細胞が神経をつくって、その神経が体をつくる。

借力技法

古来より、3つの修行法に分けられる。

薬借 - 薬草の力で身体を強壮にする。
神借 - 神の力を授かり、超能力を得たり、身体を強壮にする(力抜山は、山に篭り、呼吸法を会得することとしている。)
錬借 - 木や岩を打って体を鍛える。

李朝時代末期に山借(神借のひとつ。山神から常人を超えた体力と精神力を授かるというもの)の修行をした権泰勲によると、修行の内容は、山に籠もって「山借咒」という呪文を唱え続けるというものであったという。通常はこの方法で山借を体得するのに数百日かかるという。

力抜山によると、古くからある借力では「百日祈祷」と呼ばれる修行が行われたと言われている。修行者が山や墓地に行ったり、部屋に閉じ込めて百日祈祷することで霊が出現し、その霊を味方にする事で力を得られるとされていた。

出典 http://ja.wikipedia.org

借力手刀の演武が気に入ったね。

鋼鉄の心身も凄いけど・・・。

雷の稲光のような普通人の3倍以上のスピードで

コップに乗せた角棒を切る、ナイフに掛けた紙の穴に通した棒を切る

コップの水は零れず、紙は破れない

神業、凄まじい集中力!

思わず息を呑む素速い一瞬の力!

日本語が堪能な借力の達人力抜山の笑顔が素晴らしい!


力抜山流の借力の技法

力抜山流の借力では「精素学」(脳にある精素というエネルギーを使って体を強化する)という考えにもとづいて呼吸法で神経を鍛えるのが主となっている。

力抜山流の借力には「差」という訓練の段階(30差まである)がある。1差~10差までが生化神経の訓練、つまり呼吸法修練であり、差が上がるにつれて息の止め方や止める時間が変化する。それ以降は呼吸法ではなく、11差~20差までは感覚神経の訓練となる。21差~30差までは意識神経の訓練である。

そのほか、借力演技という力試しを行う。車を足の上に通したり、鎖を噛み切ったりという壮絶なものである。力抜山はファイティング原田のパンチや猪狩元秀の蹴りを受けたり、矢で撃たれたりといった演技を行っている。来日していたモハメド・アリに自分を殴るよう挑戦を挑んだこともあるが、この時はアリの都合で実現しなかったという。

借力拳法は一部テッキョンに似た技法がある他、力抜山流ではハングルの子音を象った構えが存在する。対動物の技術が存在し、牛、虎、熊と戦う方法等が著書に紹介されている。借力拳法には段がある。

出典 http://ja.wikipedia.org

成功は大成功の元です。
失敗を成功と捉えると、大成功に繋がる。
小さな事を喜ぶ、人が気付かない些細な事に感謝する!
あなたは社会の柵(しがらみ)から解き放たれ
ヒーローの道を歩みたくありませんか?
悪循環の呪縛からフリーになり、あなたの秘めた
夢を実現できる環境をゲットする!
見方を変える、やり方を見直す、一歩前へ、さあ今!

力抜山の名の由来

日本人が”しゃくりき”と読んでしまう借力(ちゃくりき)とは、
朝鮮半島に古くから伝わるという鍛錬法、武術。

朝鮮の借力拳法の奥儀を極めた力抜山の力抜くとは、字引きを見ると

ちからぬけ【力抜け】の意味

心の張りを失うこと。落胆すること。

「試合が延期になって力抜けする」

とあるが、

四字熟語であるーばつざん がいせい【抜山蓋世】
〔史記 項羽本紀〕は気力の盛んなこと。
→ 力(ちから)山を抜き気は世を蓋(おお)う
という意味だそうです。

更に詳しく見てみようー

次の言葉の意味は如何に

◎力拔山兮氣蓋世 (力は山を抜き 気は世を蓋う)

万国びっくりショーに出てた謎の韓国人「力抜山」の名に関連するようだ。

この抜くは引き出すと言うより、山を突き抜くと言う解釈もあるけど?

「引っこ抜く」が定説のようですが。

力拔山(兮):覇王・項羽の勢威が巨大な様をいうとの解釈もできる。

「山を抜く」いうイメージは、中国の山の写真をみるとイメージが湧くかも。

そう言えば、
水墨画に見られる峻険な山容が現実に望める桂林では
頂が裾より拡がる姿は、取っ掛かりがあって大根のように
引き抜くに持ってこい。

力拔山兮氣蓋世は
「史記」の項羽と劉邦の「四面楚歌」の場面で項羽が歌う詩の冒頭部分です。

「引っこ抜く」の方が一般的なようで、
”力は山を抜き 気は世を蓋う”という意味だから
肉体的にも精神的にも壮大で抜きん出て優れている、
という対句表現として解釈するのが良いという解釈もある。

項羽の歌う詩にある力拔山兮氣蓋世は、
慣用句である「抜山蓋世」の元になった語だそうです。

「山を抜くほどの力と、世を覆い尽くすほどの気力」という意味ですから、
「引っこ抜く」と解釈するのがやはり正しいようです。

成程・・・力抜山はこういう歴史的な意味合いを籠めて自らの名にしていたのですね。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!